過酷な労働環境で体調を崩していませんか

研修医から、それぞれの専門分野へと移り、そこでさらに深く多大な知識やスキルを身につけて立派な医師になっていくわけですが、医師になりたての数年間というのは、非常に過酷な労働環境で働くことになるでしょう。
数年間どころではなく、それが数十年間続く医師もいるはずです。

若いけれどもそうした環境に耐えられないと感じた医師や、年齢を重ね過酷な労働環境に体が耐えられなくなってきた医師などは、転職をして、そうした環境から離れるというのも一つの考え方となるのかもしれません。

過酷な労働環境で働き続けると、どのようなことが起こりうるのでしょうか。
集中力が欠如し、医療ミスが起こりやすくなります。
肉体的なダメージがやがて精神的なダメージとなり、などになりやすくもなるでしょう。

コミュニケーションがうまく取れなくなれば、それも医療ミスへと繋がりますし、人間関係を悪化させる要因にもなりかねません。
こうした弊害が生じれば、本人はもちろん、患者のためにも働く医療施設のためにもならないのです。

もし体や心に負担が大きいと今現在考えているのであれば、転職を検討し、職場を変えることも視野に入れてみてはどうでしょうか。

危険!ストレスや過労死のサインを見逃すな!

・不整脈
・難聴・耳鳴り・めまいがする
・ひどい頭痛で頭が割れそう
・鼻血・血尿が頻繁に起こる
・不眠で眠れない&熟睡できない
・朝、体がだるくて起きられない
・胃腸の調子が悪く吐き気がする
・皮膚に異常がでる
・1日中ボーっとしている
・集中力がなくミスが多い
・寝てはいけない時に異常な眠気
・疲れているという自覚がない

転職は働き方を見直すいい機会とすべきです

過酷な労働環境から離れることは、何も逃げることではありません。
人にはキャパシティがあり、それを越えれば当然耐えられなくなり、上で紹介したようなさまざまな弊害が起こることになります。

転職は、医師として無理のない働き方を探すことにつながり、働き方そのものを見直すいい機会となるものなのです。

具体的に言えば、拘束時間が短い医療施設を選ぶ、こうした転職が考えられるでしょう。
拘束時間が短ければ勤務時間も短くなるので、体にも心にも余裕が生まれるはずです。

当直やオンコールなどのない病院を選択するのも一つの考え方となります。
医師の中にはこれに強い抵抗を感じる人も多く、医師の求人を見てもアピールのために、「当直やオンコールはありません」などと記載しているものも少なくありません。

当直やオンコールがなければ、生活リズムも作りやすいでしょう。
生活リズムを正すことで、これも肉体的にも精神的にも余裕を持って患者と向き合い診療に専念することができるようになります。

通勤時間を短くするだけで、負担から解放される医師もいるかもしれません。
当直などがあったとしても、通勤時間がほとんどかからない場所に家があれば、やはり心と体にゆとりが生まれるはず。

無理のない働き方を探す方法はいくつもありますから、その可能性を探りながら、希望や要望に見合った医師の求人を見つけ出してみましょう。

過労死を防ぐ対処法

・高速時間が短い医療施設に転職
・当直やオンコールなどのない病院に転職
・通勤時間が短くすむ近場の病院に転職
・休日はたっぷり寝る
・心が赴くまま好きなことをめいいっぱいする
・一人で抱えこまずに助けを借りる
・美味しいものを食べてしっかり栄養を採る