今すぐに独立し開業するかしないかの選択

全ての医師ではないでしょうが、中には自らの診療所やクリニックを構えたいと考えている人も少なくないでしょう。

病院に勤めている時とは違い、さらに患者さんと寄り添い、また自らの考える診療を地域の人々に提供することができる、その価値は志の高い医師にとっては非常に大きく、また魅力的であり強いモチベーションとなるはずです。

転職しようと考えた時、この独立というものを視野に入れる医師も多いのではないでしょうか。
この際に考えたいことは、今すぐに自らのクリニックを構えるのか、それとももう少し準備をするべきなのか、ということ。
焦っちゃダメ!きちんととした動機がありますか?

開業するにはお金が必要です。
場所選びも容易ではないでしょう。
どのような診療を行っていくのか、これも具体的に考えなければいけません。

若くして自分のクリニックを持っている医師も多いですが、逆に、独立を焦ってしまって失敗している、撤退を余儀なくされてしまった医師も実は非常に多いのです。

失敗したり撤退した医師は、また新たな医師の求人とにらめっこをし、就職先を探すしかありません。
非常勤で働き続けている人もいるでしょう。

目的を持って転職することは非常に素晴らしいことですが、「今すぐに」自分のクリニックを持つかどうかの選択は慎重に行わなければいけません。
ワークライフバランスも重要

診療所を構える準備を整えるための転職

準備が整っているのであれば、クリニックを開院するために早速動き出すべきでしょう。
しかし、まだ準備が不十分なのであれば、その準備を整えるための転職をおすすめします。
開業資金を稼ぐためにも転職後の給与は把握しておこう

資金や診療方針について考えなければならないと上で説明しましたが、自らのクリニックを持つ場合には、経営ノウハウも身につけておく必要があります。

実は、医師が独立・開業する際に最も高いハードルとなるのがこの部分です。
診療の腕は一流でも、経営ノウハウが一切身についていなければ、おそらくクリニックや診療所を大きくしていくのは難しいでしょう。

飲食店などと同じで、イメージ戦略や顧客(患者)獲得のための働きかけなど、多くの経営的要素を求められるからです。

まずは信頼できる、あるいは尊敬できる医師が運営しているクリニックへと転職し、そこで経営ノウハウを学び、将来のための準備を整える、こうした考え方もあるのではないでしょうか。

医師の求人には診療所など個人が運営・経営している医療施設も多々ありますから、そこで経営ノウハウや独立・開業することの大変さを学び将来へと備えるのも、一つの選択肢であり大きな決断となるはずです。